スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【閲覧注意】田舎の会社に勤めていた時のトイレ事情が異様だった

引用元:今までにあった修羅場を語れ
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1394670689/

524: ※グロあり注意よろしく※ 2014/04/22(火)11:03:15 ID:L06FRQRnT

夫とは遠距離恋愛で田舎に嫁いだんだけど、
半年ぐらい経ってそろそろこっちの生活も慣れてきたしってことで
パートを始めたんだ。
割と大きな土建屋みたいなところで事務員やってた。
ちなみに事務員は社長の奥さんと私だけ。
田舎でまだボットン便所の家もあった。
そういうお宅に住んでる70歳を超えたおじいちゃんがいた。
自宅がそうだからトイレのあと“流す”という習慣がないかららしいが
大をしたあと流し忘れることが多かった。
その会社の事務所のトイレは1坪ぐらいの男女兼用で、
個室がひとつと小便器がふたつってところ。
なので、個室のドアを開けるとドーン!ってことが何度もあって
それが嫌でしょうがなかった。
でも相手がそういうおじいちゃんだからあまり文句も言い辛い。
しかも別に50代の男性がいて、そいつの場合は
どう考えても狙ってるとしか思えないぐらい、
私がトイレに行って個室に入ると小をしに来る。
最初は偶然で運が悪かったぐらいに思ってたけど
あり得ないぐらいしょっちゅうそうなるので、狙ってるとしか思えなかった。
決して自意識過剰ではなかったと思う。

スポンサードリンク



だって、そのオヤジがトイレに行ったのを確認して
戻ってきてから行くようにしても、やっぱりまた入ってくるんだもの。
仕事自体には何も不満はなかったけど、
まだ20代半ばの私にとって、そういうトイレ事情が辛かった。
ある時、たまにランチを食べに行っていた会社の隣にある小さな喫茶店で
仲良くなった奥さんにそのことを愚痴ったら、
前の事務員さんも同じような事を言ってて、
事務所の裏口から喫茶店のトイレを借りに来てたから
あんたもそうしていいよって言ってくれた。
それでお言葉に甘えることにしたんだけど、
あるとき50代の変態オヤジにそれが見つかってしまった。
それ以来喫茶店のトイレに行こうとすると
裏口の近くに先回りして見張ったりされて行けなくなった。
そういうのが嫌で、つまらない理由だけど半年ぐらいでそこは辞めた。
辞める時に社長の奥さんにその件は話した。
気付かなくってごめんねとか言われたけど、絶対気付いてたと思う。

その後勤めた小さな会社はすっごくいい人ばかりで楽しくて
子供が生まれたあとも15年ぐらい勤めた。
今でも交流があって、いい会社だっただけに
最初のその会社の気持ち悪さが際立ってしまう。

526: 名無しさん 2014/04/22(火)11:21:41 ID:7nakEDbg0

>>524
キモすぎてキツイ…。

536: 名無しさん 2014/04/22(火)18:07:22 ID:DoaLODgJD

>>524
やめて正解だね
続けてたら絶対もっと変な事してきただろうなそのおやじ

スポンサーサイト


おススメ記事

主人の実家へ子供を連れて遊びに行った時に離婚してほしいと告げられました
自宅に帰ると見ず知らずの男に叩き出されました。もう夫婦でもないし私の家に二度と来るなと嫁に言われました....全く訳が分かりません
俺の家に、嫁家族が転がり込んできて俺を邪魔者扱い!家中に隠しカメラを仕掛けたら、間男が出入りしていて・・・
嫁「ぱんぱかぱーん!嫁様がオレンジジュースをもってきてやったぜ!下々感謝しろ!」 俺「は」
【前編】俺「今なにしてるの〜」嫁「俺君を家で待ってるよ〜」俺「俺、今家なんだけど...」嫁「...」→結果...

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます



おススメ記事

関連記事

テーマ : 2chまとめブログ
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

アンテナヘッドライン


スポンサードリンク

最新記事
カテゴリ
逆アクセスランキング
カウンター
累計(2014/3/7~)
現在の閲覧者数:
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
スポンサードリンク
まとめりー
しまむらアンテナ
人気記事
ブログパーツ
リンク
スポンサードリンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。