スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嫁とは高校で1年、3年とクラスメイトだったが教室でたまに話してたぐらいの仲だった。大学に入ってから・・・

引用元:嫁(旦那)との馴れ初めを語れ
kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1395052439/

135: 名無しさん@おーぷん 2014/10/22(水)01:39:51 ID:xBJ7ZFDuS

初めて話したのが16のとき。
嫁とは高校で1年、3年とクラスメイトだった。
高校のときは俺も携帯持ってなくて、教室でたまに話してたぐらいの仲だった。

大学に入ってからの夏休み、俺が知り合いのコーヒー屋でバイト中に嫁が客として入って来たんで久しぶりに話した。
会計のときにも視線は感じてたんだけど嫁の見た目の変わりぶりもあって俺全然気づかず。化粧恐るべし。
「高校の時にクラス一緒だった嫁です」と言われ、そういえば声に聞き覚えあるなーと懐かしくなった。
夏休み中、それでたまに嫁が店に来るようになったと思ったら
ある日に携帯番号聞かれて、たまに電話するようになった。
少しばかり距離は離れていたが嫁と俺の大学の最寄駅が近かったから会ったりしてた。
高校のときより親密になったのもあったせいか俺も遊んだりしてるうちに
すっかり嫁のことが好きになってしまったんで、気持ちを伝えた。

そしたら嫁のやつ、自分の頬グリグリと手で押しながら「うわーうわー」って言ってたんだが
そのあとに「ストーカーみたいなことしてごめん。私の方ほうが好きだと思う」って。


スポンサードリンク



どういう意味ぞと思って聞いてみたら
嫁が俺のバイト先に来たのは、友達から教えてもらったからで
その友達っていうのは、俺も高校のとき同じクラスだったある女子のこと。&l t;br> 俺は以前に女子に街で偶然会ったときに店でバイトしてることを話したことがあったんだけど
その女子が嫁に喋っていたらしい。
なんで喋ったかというと嫁が高校のときに俺を好きでその女子に何度か相談したことがあったからだと。

非モテな俺としてはどこが気に入られたのか、どうして好きでいてくれたのかしばらくの間全く理解できなかったわけなんだが
嫁が高校の時の話を持ち出してきてボンヤリ記憶が蘇った。
嫁が俺のことを気になったきっかけは

・高校1年のときに、財布を忘れて昼をどうしようかと思っていたときに俺がパンをくれて仏のように見えた。
(登校前にコンビニでパン買ったのを忘れ、学校の購買でまた買ってしまったんで席がとなりだった嫁にあげた)

・係の役割で皆の課題ノートを職員室まで運んでいるときに俺が半分手伝ってくれた。
(遅れて出そうとしたらすでに嫁が教室からノートの山を運びだしていたんで自分の分を一冊上乗せして去るのは悪い気がした)

など。ほかにもあったみたいだが聞く限りでは
俺が特に嫁を意識して好意的に狙ってやったというわけではないものばかりだった。
高校のときは嫁のこともなんとも思ってなかったし。

でもそれが良い方向に転んだようではある。まあ幸せだからいいかと思う。
特におもしろみもないけどそんな感じ。

スポンサーサイト


おススメ記事

主人の実家へ子供を連れて遊びに行った時に離婚してほしいと告げられました
自宅に帰ると見ず知らずの男に叩き出されました。もう夫婦でもないし私の家に二度と来るなと嫁に言われました....全く訳が分かりません
俺の家に、嫁家族が転がり込んできて俺を邪魔者扱い!家中に隠しカメラを仕掛けたら、間男が出入りしていて・・・
嫁「ぱんぱかぱーん!嫁様がオレンジジュースをもってきてやったぜ!下々感謝しろ!」 俺「は」
【前編】俺「今なにしてるの〜」嫁「俺君を家で待ってるよ〜」俺「俺、今家なんだけど...」嫁「...」→結果...

スポンサーリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます



おススメ記事

関連記事

テーマ : 2chまとめブログ
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

非公開コメント

アンテナヘッドライン


スポンサードリンク

最新記事
カテゴリ
逆アクセスランキング
カウンター
累計(2014/3/7~)
現在の閲覧者数:
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
スポンサードリンク
まとめりー
しまむらアンテナ
人気記事
ブログパーツ
リンク
スポンサードリンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。